2018年6月17日 (日)

美味しいものはそれなり

食用バラに飾られ、もやしのように見えるのはそれなりのスイーツです。

噂には聞いていたけれど、初めて食した「代官山プリン」。
買うのに苦労し、値段を見て「はーーっ」でした。
美味しかったです、その辺のプリンとはわけが違う。
でも、650円。
箱も保冷材も高級感あふれてました。
「おいしゅうございました」
Dsc_0704

2018年6月14日 (木)

謙虚さを見習う

年をとっても謙虚でいたい、まだまだ見習うことがあるんだから・・・・とは思っています。

人と話をすると学ぶこと多いし、行動を見るとああいうことはしたくないと思うし、とにかくまずは謙虚に・・・・。
しかし、謙虚でない人を見るといじめたくなるのは性悪ですね、やさしさのかけらもない自分に反省はするんだけれど、つい・・・・・・。
「パソコンはやったことあります、マウス操作はできます」というおばあさんが、マウス持ったまま固まってしまい、即初心者と見抜き方針変更。
しかし本人は「できます、わかります」なのでもう教えてやらない状態に。ここでこらえられないのが私の悪いところで、体験会ゆえ無料できているおばあさん、入会する気もなさそうだからといじめ?状態。
「これぐらいできないと経験者クラスには入れないんですよー」とねちねち。
ごめんなさいね、できるっていうから期待?した私が悪くて。 
もう一人の方は、もっと操作もできるのに「本当に初心者なんです」と低姿勢で習う意欲も満点。この方を見習うべく、教え方にも謙虚な姿勢取り入れます。 

2018年6月11日 (月)

ヤングコーン

こじゃれたイタリアン店にて。

「ヤングコーン」を言うシンプルなメニューがあり、缶詰のようなヤングコーンを想像し、おつまみにと頼んだら。
ちゃんと皮が付いた小さいコーンでした。皮むいて塩でいただくと甘さと相まっておいしいこと。
ヤングコーンの概念覆りました。
Dsc_0691

2018年6月 9日 (土)

ダメな夫は父でもある

父の日が近いです。まあ感謝の念もあるけれど、もうちょっとどうにかならないのかの思いも。夫の日ではないので無視したいものの、父として慕われているかどうか、間違っても尊敬はされてはいないのではと。

朝刊の記事に「夫は何回も同じことを言わせる、子供がもう一人いるのと同じ」とあったけれどまさにその通り。
会社でもこんなにだらしないのだろうか、仕事する男はみなしっかりしているのは外だけで、家ではこんなに何もできない能無しなのかと思われている割合のいかに多いことか。
ちなみに酔っぱらうとどうしようもないわが夫は、私はあきらめているけれど、娘には「また、もうイライラするなー」という惨憺たる状況で寝てしまうので、翌朝は無視されまくり。
これは父の日に「酒が嫌いになる薬」でも飲まされるんじゃあ。
「何回行っても覚える気ないし、もはや覚える能力もない」ことをわかる私と理解できない娘。私の教育が悪いように言うものの、本人の性格の問題だし、もはや「パパ―」と慕われることもなさげ。
今年の父の日、何かあるかしらねー。

2018年6月 6日 (水)

ドタキャン

今日と明日、遊びと仕事と中身は違えどキャンセルが相次いで。

急に暇になると何していいかわからず?雨で大掃除もできないし、なんとなく本を読んだり、どうでもいい買い物したり。ワイドショーもいい加減飽きるし、午後ってドラマの再放送しかないし。
なんだか案外やれること少ない人間だなとしみじみ思ってます。
お天気のせいかなー、傘持って出かけるのは憂鬱。
昼寝でもして英気養おうかな。
こうして1日って過ぎていくものなのですね。

2018年6月 3日 (日)

侮れない家庭菜園

「すごいキュウリが取れた」と渡されたのは「瓜?」と思うようなキュウリ。

小さな家庭菜園でもこんな大作?ができるのかと驚きです。
上は普通に買ったキュウリ。まだ食べてないけど、浅漬けにしてもサラダにしても余りそう夏野菜って、すくすく伸びるんですね。
Dsc_0686

2018年5月31日 (木)

3万円

社会人3年目の娘が家に入れる金額です。

多くはないです、本当は4万と交渉したのに。
食費のほか、光熱費、何よりクリーニング代がここに組み込まれ、ちょっと少しは自腹でと言いたいほど。
全然出さない子供もいるというけれど、どうなんでしょうこの金額。
外食すると安上がりなランチは払ってくれる時もあるけれど、夕飯はほとんど親がかり。
お酒はあまり飲まないものの、果たしてペイしているかしら。

2018年5月28日 (月)

いまだ制御できず

ココログにコメントできない管理人です。

いまだ書いていただいてもお返事できません。
先週、「なおりました」とサーバー側からメールもらったけれど、
なおっておりません。
他のココログサイトにもコメントできず、私が書くとスパム扱いになるそうです。
そんなことしてません、ご安心を。
フリーで使っているゆえ文句言えないものの、突然のエラーに、それもまさかの
長引いた経過に驚きです。
再度問い合わせたので、待つしかありません。
私の書き込みがスパム扱いにならないよう、なんとかしてくださーい。

2018年5月24日 (木)

そんな時代もあったかな

2週間に1回パソコンスクールに訪れる小学生。「スクラッチ」を学んでいます。

2週間ぶりなのに、いろんなことを覚えていて驚きます。
コーヒー・紅茶用のミルクの蓋の色。(俗にいうフレッシュ、蓋をはがして使う小さいミルクを考えて)
この蓋の色、消費期限によって違うとか。気にしたこともないけれど、小学生は覚えていました。「この前と違うね!」って。そうだっけとしか反応できないけれど。
プログラミングの話もシニアクラスなら絶対覚えられないようなことを2~3回聞いたぐらいでなんとなく理解。10回以上聞いても簡単な操作を覚えられない人を普段相手にしているだけに、新鮮です。
余力のある頭脳がうらやましく、あんな時代もあったのになと思う今日この頃。

2018年5月20日 (日)

夫も大変

大学の友人たちとの会合。

そろそろ定年後を考えようとする年ごろ。
男性陣は 家にずっといたくない、でも仕事したくない、かみさんと日がな1日一緒にいるのは嫌だけど、給料半分で同じ仕事するのもなー・・・・・。
女から言わせるとこちらも同じ。頼むからな何かしてくれ、出て行ってくれですが。
彼らはまずはゆっくりしたいとか。してもいいけど、主婦の定年はどう考えるのよ?とお決まりの言葉がかえってきて、よくある小説などと同じ。
家事をしてほしいというより、家にいてほしくない、私の自由時間を尊重してほしい、いちいち「どこ行くの?何時に帰るの?」と聞くなよですね。
この夫婦間のずれをどうやって埋めていくのか、これから周囲とともに実感です。
ラブラブな夫婦はいない・・・なー。

«トラブルの現状