無料ブログはココログ

« 直木賞 | トップページ | Dream Boy »

2006年1月19日 (木)

さすが帝国劇場

舞台はけっこう好きなので年に数回見に行きます。映画に比べて高いけれど、あの迫力と雰囲気は見逃せないし。昨年は歌舞伎と劇団四季と野田秀樹、どれも高かったけれど、内容と役者を考えたら10,000円前後するのは仕方ないかも。明日は帝劇です、S席12,000円、勘三郎といい勝負。キャッツも顔負けですね。これは場所代でしょうか、中身は「KAT-TUN」と「関ジャニ」のミュージカルですが。「仁亀と亮ちゃん」以外、あまり興味ありませんが、たまには若者の躍動美を見るのもいいものでしょう。亀ちゃんが空中でパフォーマンスをするとかしないとか。ボクシングの話らしいです、仁君がボクサー?ありえないけど。まあ楽しみに行ってきます。

« 直木賞 | トップページ | Dream Boy »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2439918/68443699

この記事へのトラックバック一覧です: さすが帝国劇場:

« 直木賞 | トップページ | Dream Boy »