無料ブログはココログ

« 1/30の幸運 | トップページ | さすが帝国劇場 »

2006年1月17日 (火)

直木賞

昨年末にここで絶賛した作品が受賞しました、東野圭吾「容疑者Xの献身」。自ら読んだ作品が思っていた以上の賞をとるとなんだか自分の読書力が上がった気がします。単に「このミス」で推奨されてたから読んだんですが。今、TV放映中の「白夜行」も彼の作品です。劣らずに面白いし。数年前に最初読んだ作品は犯人がわからないままで「なんなんだ、この作者は!」と思ったけれど、以後何冊か読むうちにすっかりファンです。謎解きというよりSTORY展開の面白さでしょうか、こんな裏があったとはーと思うことしばし。次回作も楽しみです。ただたまに短編はつまらないのよね。仕方ないか、これは。

« 1/30の幸運 | トップページ | さすが帝国劇場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2439918/68443700

この記事へのトラックバック一覧です: 直木賞:

« 1/30の幸運 | トップページ | さすが帝国劇場 »