無料ブログはココログ

« 花粉症全開 | トップページ | U-22は目の保養に… »

2007年2月28日 (水)

はずれだった

恩田陸の小説のうち、「夜のピクニック」は本屋さん大賞、確かに面白かった。続いて読んだ「ドミノ」、これまた発想からすごくて、一気に読ませてくれたので、ちょっと作家に興味持ったんだけど。「ライオンハート」、これはよくわからなかった、なにがいいたいのか。ちょっとSFじみてるからわからなくてもいいんだろうけど、賞賛してるサイトもあったのに、私としては古本屋で買って十分だった気分。本棚に入ることもなく、売ってしまおうかと思うぐらい。

いくら2~3作、面白い作品があっても、やはり全部がいいと思うわけにはいかないようで。もちろん人によって感じ方は違うから口コミというのも当てになるやらならないやら。最終的には自分で読んで感じないとだめね。「ライオンハート」、部分的には読み応えあったけど、全体読み終わって印象がないお話でした。「だからなに」と言いたかった(~_~)

« 花粉症全開 | トップページ | U-22は目の保養に… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2439918/68443120

この記事へのトラックバック一覧です: はずれだった:

« 花粉症全開 | トップページ | U-22は目の保養に… »