無料ブログはココログ

« キサラギ | トップページ | 地震ぐらいでは »

2007年7月10日 (火)

人に教えるということ

60代の女性が5人、パソコン習ってます。1年4カ月が過ぎ、誰一人とび抜けた成績を収めることなく、ゆっくーリ進んでます。グループ学習だし、一応テキストあるけど、顔ぶれ見て抜かせるところは抜かして、とにかく簡単に状態。

しかし、センスなのか記憶力なのか、教え方が悪いのか、いまだに頭を抱えることばかり。私の教え方ってそんなに下手?

「アルファベットの大文字と小文字はどうやって入力するんですか?」「/は斜めって入力して変換ですか?」「,」はどこにあるんですか?」などなど、初心者クラスと同じ質問が次々。
1年間この人たちは何やってたのか、私は何教えてたのか?覚えられるまで反復するのは心してるけど、一生覚えられないんじゃないか?と不安がよぎります。
「スラッシュとカンマ」の入力の仕方、指数対数の問題解いてるんじゃないんだから、いい加減どうにかならないものでしょうか?キーボードに付箋付けるべき?来週も不安(-.-)

« キサラギ | トップページ | 地震ぐらいでは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2439918/68442961

この記事へのトラックバック一覧です: 人に教えるということ:

« キサラギ | トップページ | 地震ぐらいでは »