無料ブログはココログ

« 猛暑につき | トップページ | 2年ぶりのスマコン »

2010年8月19日 (木)

返す言葉がなかった

4月からパソコン習い始めた70代前半の女性。とても品がよく頑張っておられました。

もちろん、秋以降も続けるおつもりで。ただ最近、「主人の調子が悪くて…」と嘆いていらしたのが気になってはいたんですが。

「もう主人から目が離せなくなったのでスクールはやめます。」と本日唐突なお言葉。ご病気かと思ったら、実は認知症の気があったけれど、急にひどくなり徘徊し始めたとのこと。

夫婦2人なので自分が外に出てしまうと面倒見る人がいなくなり、万が一徘徊すると困るので、当分奥様も家にいるそうなo(;△;)o 詳しいご家族構成もわからないし、あまり突っ込んだことはお聞きできないけれど、とにかく病気と言うわけではないので入院もできない様子。

施設?が見つかるまでは奥様が面倒みるらしいものの、なんか、大変だー(ノд・。)

買いものだってあるだろうし、息抜きだってしたいはず、これからどうなさるんだろう。

パソコンどころではないですね。

« 猛暑につき | トップページ | 2年ぶりのスマコン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2439918/68441603

この記事へのトラックバック一覧です: 返す言葉がなかった:

« 猛暑につき | トップページ | 2年ぶりのスマコン »