無料ブログはココログ

« 花粉前線接近中 | トップページ | 最近巷にはびこるもの »

2014年2月23日 (日)

25年目の崩壊

結婚後25年間使っていた家具は立て続けに壊れています。

1つ目は洋服ダンスの扉の蝶番。もはや扉の役が果たせず、左半分だけが開いたまま状態。「修理」で検索すると、蝶番修繕なくはないものの、家具を持ち込みと言われると困るな状態で思案中。

2つ目はライティングドレッサーの鏡を支えるやはり蝶番のようなもの。毎日バタンバタンと鏡を立てたり閉まったりするせいか、どんどん緩んでしまい、これはもうご臨終です。すでに鏡が本体とはつながらなくなり、立てかけてあるだけ。

さすがにドレッサーはちゃんとしてもらわないと困るので、先ほど購入しました。配送が混んでいて届くのは3月上旬とか。なんでも増税前に家具を買う人増えているそうな。

25年毎日使うものはそろそろ寿命ということでしょうか。次は何が壊れるのかと戦々恐々で。一生モノの家具、なかなか出会えませんね。

« 花粉前線接近中 | トップページ | 最近巷にはびこるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花粉前線接近中 | トップページ | 最近巷にはびこるもの »