無料ブログはココログ

« アナログでいい | トップページ | どうでもいいコメント »

2014年7月17日 (木)

新しい本の手触り

最近中古本ばかり読んでいたのに、「楽園のカンヴァス」が文庫になったので早速購入。しかし文庫といえど720円だから決して安くはないかもです。

帯もぴんと張ってるし、何よりどのページも手触りの良いこと。なかなかめくれないのが「ああ、新しい本なのね」と実感させてくれます。
中古品でも新品に近いものがあるとはいえ、やはり真新しいというのはいいもので、買った買いがあるなと。これは売らずにとっておこうかと思うほど。
著者は本職がキュレーターだけあって、美術品に関する洞察も深く(当たり前か)、あまり絵を見ない私にも「絵を見るだけでそんなに面白いのか」という気にさせてくれます。ミステリのような味わいもあり、単行本の時から読みたかっただけに、待てってよかったという作品で。
しかし、本の定価も高くなりましたね

« アナログでいい | トップページ | どうでもいいコメント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アナログでいい | トップページ | どうでもいいコメント »