無料ブログはココログ

« 東京タワー | トップページ | 柔が剛を制すまで »

2014年9月 7日 (日)

ライン下り

瀞とは水の流れが滞った様子、その場所が長く続くから「長瀞」というんですという説明を聞いて初めてその意を知りました。確かに荒川下りですから、長瀞ライン下りは。

お天気が悪いと中止になると聞き、どうかなと思ったものの、なかなかの好天に恵まれ全長コース約30分を堪能しました。なんでも雨上がりで川の流れが速く、いつもより早く下れるとかか。普通は40分ぐらいかかるそうだけれど、仕方ないですね。天候には逆らえないし。

Img_0008_800x586

赤い鉄橋は秩父鉄道。土日には1日1本だけSLが走るそうな。ラフティング花盛りで多くの若者が川に落ちていました。

Img_0010_800x600

全長コースがおすすめです、どうせなら。半分のコースだと、けっこう急な下りを楽しめなかったり、天然記念物の岩を見られなかったりするから。水かぶりますが、舟にビニールが用意されているのでかぶりましょう。

 

« 東京タワー | トップページ | 柔が剛を制すまで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京タワー | トップページ | 柔が剛を制すまで »