無料ブログはココログ

« 昔ながらの喫茶店 | トップページ | ちょっと驚いた »

2014年10月28日 (火)

中村仲蔵

先日立川志の輔の落語で「中村仲蔵」なる歌舞伎役者の話を聞きました。
実在の人物では私は知る由もなく、帰宅後ネットで検索する始末。
有名な人なんでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E4%BB%B2%E8%94%B5_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)
お話は仮名手本忠臣蔵の五段目、これもお恥ずかしいながら「赤穂事件」以外あまり知らなかったので、「ああ、そんな話なのね」と感心するばかり。
これら、まともに講釈聞いたら眠くなりそうだけど、そこはさすが落語家、面白おかしくわかりやすく聞かせてくれ、歌舞伎の演目を見た気になったほど。
赤坂ACTシアターで、舞台に大きなスクリーンが登場し、そこに映し出される絵を見ながら話が進み、わかりやすい世界。
普通の落語を聞くという感覚では全くなく、この舞台だからできるんだろうなという仕掛けです。
「ガッテン」以外見たことないけど、志の輔さん、エンターティナーでした。

« 昔ながらの喫茶店 | トップページ | ちょっと驚いた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔ながらの喫茶店 | トップページ | ちょっと驚いた »