無料ブログはココログ

« 猫が好き? | トップページ | 優しさが仇? »

2016年5月29日 (日)

仮名手本忠臣蔵

昨夜は赤坂で年に1度の志の輔落語鑑賞。ここのところ続けて同じお題目だけれど、1年ぶりに聞くと忘れていたことも多く、味わい深い内容で。

その名も「仮名手本忠臣蔵」
赤穂浪士と聞くとピンとくるものの、それが浄瑠璃から始まった「忠臣蔵」となると??だったものを志の輔が絵や写真を舞台に映し出し、詳しく解説してくれました。舞台に映像を映す落語会なんて珍しいのでは、アクトシアターならではの演出です。
吉良上野介も浅野内匠頭も名前を変えて登場、時代は南北朝でした。「おかるとかんぺい」のカップルの名前はよく聞くものの、こういう人たちだったのねと歴史を学んだ気になった次第。
後半はまともな?落語でこの忠臣蔵の5段目を演じる歌舞伎役者の話です。これがまた2回目だけど新鮮で。志の輔は早口なのが玉に瑕で、時折何言ってるかわからないこともあるものの、休憩入れて3時間をたった一人で飽くことなく楽しませてくれました。
この大作、お勧めです。チケット争奪戦ですが。

« 猫が好き? | トップページ | 優しさが仇? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫が好き? | トップページ | 優しさが仇? »